葬儀の歴史や基礎知識など、葬儀の基本的な情報を把握しよう

葬儀会場

家族葬の流れを把握

家族だけで葬儀を進めたいと感じている人が増えており、家族葬が一般的になっているのですが家族葬をする時はどのように依頼すればいいのか把握しながら家族葬の流れを学ばなければいけません。

  続きを読む

終活を進める

近年は、自分の葬儀を事前に準備をする終活が一般的になっています。自分が亡くなった後に家族への負担を少しでも軽くするために多くの人が終活を行っています。自分の葬儀を行う前に準備すべきことを学びましょう。

  続きを読む

葬儀の基礎情報

宮前区で葬儀の相談がしたいならしっかりサポートしてくれるこちらに頼んでみませんか?会館も綺麗で利用しやすいです。

歴史や豆知識などについて

葬儀とは人の死を弔うために行う儀式の事で、その様式も宗教により様々なものです。現在日本で行われている葬儀はそのほとんどが仏式ですが、これには江戸時代に宗教統制の一環として行われた寺請制度が関係しているのです。寺請制度とは、キリシタンでないことを証明するために、寺から寺請証文を受ける事を民衆に義務付けたものです。1635年頃に始まったこの制度は発展を重ね、1700年頃には位牌や仏壇、戒名などといった現代にも通じる制度が導入されたのです。寺請をしてもらう民は必然的にその寺院の檀家となるため、葬儀もその寺に依頼するようになったのです。そのようにして、民衆の葬儀が仏教の寺院で行われる事が多くなっていったものです。

時代に合わせた葬儀の在り方

最近話題になりつつあるのが、新しい葬式の在り方についてです。その一つとしてあるのが、世間体や形式などを気にしたものではなく、故人らしい葬儀を行おうというものです。現代の葬儀は、全体の9割を占めるとも言われる仏式の他にも神道やキリスト教式、さらには無宗教式というものまで登場しているのです。無宗教式の中で自由葬などと呼ばれるものでは、故人が生前に好んでいた曲や思い出の映像などを流し、故人を偲ぶのです。また節約志向の高まる昨今注目を集めているのが、家族葬や直葬といったものです。直葬とは、故人とごく近い関係者のみが火葬場にて別れを告げる形式です。以前は経済的な理由や身寄りが無いなどの場合にのみ行われたものです。しかし最近になり、簡素に送られる事を望む人ガ多くなるとそのメリットが知られ、年々増加傾向にあるのです。

避けられている友引

葬儀を行なう会場として良く利用されている斎場ですが、斎場は六曜を重要視している場所が多く友引の日は休業する斎場がたくさんあります。友引の日に葬儀を行ってしまうと縁起が良くないと思われていることが理由です。

  続きを読む

料金の把握

近年永代供養を望む遺族が増えているのですが、永代供養を利用する時に生じる料金の計算方法をしっかりと確認しなければいけません。利用時にかかる料金を事前に把握することが大切です。

  続きを読む